12001~24000語レベルの英単語リスト「極限の英単語 Vol.1~4」。この英単語リストの特徴、および掲載されている英単語は英検1級やハリーポッターなどの英単語をどれほどカバーしているのかを調べてまとめました。

極限の英単語とは

24000語レベルの英単語リスト

極限の英単語とは、ザックリ言えば「米国で良く使われている英単語の頻出順リスト」です。12001~24000語レベルまでの語彙が極限の英単語 Vol.1~4の4冊 (3000語ずつ) に掲載されています。

なお、製作者は「英語上達完全マップを10ヶ月やってみた」の管理人です。一度はこのサイトを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

種類掲載語彙レベル
極限の英単語 Vol.112001 ~ 15000
極限の英単語 Vol.215001 ~ 18000
極限の英単語 Vol.318001 ~ 21000
極限の英単語 Vol.421001 ~ 24000


頻出順は米国の現代英語コーパスが基準

極限の英単語の頻出順は「Corpus of Contemporary American English (COCA)」を参考にしているようです。選出された英単語に対する分析が「英単語を科学する ver.1.00」に記載されていますので、一読すると納得できるのではないかと思います。

Corpus of Contemporary American English (COCA)

COCAとは大規模な米国現代英語コーパス (小説、雑誌、論文、テレビなどで使われた言葉の用例集) です。このコーパスで頻出する英単語が極限の英単語に掲載されています。ただし、直接COCAを参照しているのではなく、COCAを元に作成された60000語の英単語リスト (COCA60k) を利用しているようです。Word frequency dataというサイトにこのCOCK60kの概要が記載されていますし、購入することもできます。$180 (≒2万円) もしますが……。

“Age-of-acquisition ratings (AoA)” の51715語リスト

「英単語を科学する ver.1.00」でも言及されていますが、ネイティブがその単語をどれぐらいの確率で知っているのか、というデータが掲載されている英単語リストがあり、同作者による「極限の英単語 縮約版」や「終極の英単語」における単語選定で活用されています。なお、この英単語リストは「crr.ugent.be」というサイトから無料で入手できます。リンク先記事内にダウンロードできるリンクがあります (2018年1月現在)。

12000語まではSVL 12000が前提

極限の英単語は24000語レベルの英単語リストですが、1~12000語まではアルク社のSVL 12000を前提としています。そのため、事前にSVL 12000、特にSVL Vol.4の単語を確認・暗記した方が良いでしょう。SVL 12000については以下記事を参照ください。

極限の英単語の特徴

24000語レベルまでの英単語がリスト化されている

一番の特徴は「24000語レベルまでの語彙」が、「SVL 12000と重複せず」、「頻出順で」リスト化されていることです。

15000語レベルまではSVL 12000や英検1級対策の英単語集などを複数こなしていくことで賄えますが、15000語を超える有用な英単語リストは殆どありません。英和/英英辞書で最初から順に覚えていくなんて非効率極まりないですし、多読をしていく中で知らない英単語を都度メモしていくのも面倒です。

つまり、極限の英単語のリスト順に妥当性があるのであれば、24000語まで網羅されているこの英単語リストは非常に有用であるといえます。値段は1冊 (3000語) 1200円と少し高い気がしますが、元となったCOCA60kの英単語リストは20000円近くしますし、1000語/400円と考えれば妥当な値段ではないでしょうか。Kindle Unlimited加入者なら無料で利用できますしね。

極限の英単語の妥当性?

前述しましたが、極限の英単語はCOCA60kを元にした頻出順の英単語リストなので、極限の英単語の妥当性とはこのCOCA60kの妥当性に他なりません。正直、疑う必要はありません。が、やはり統計からの分析情報だけでなく、実例が気になってしまうものです。そこで、本記事では英検1級や洋書などを題材にして、どれほど英単語をカバーするのかを具体的に調べた次第です。

掲載内容は 英単語/発音記号/意味 の3種類

掲載内容は 英単語/発音記号/意味 の3種類

極限の英単語 Vol.1 © なりしか

極限の英単語 Vol.1~4は各3000語掲載されており、それぞれ頻出順で1000語ごとに分けられています。そして、実際の内容は画像のように各英単語に発音記号と意味がついているシンプルな構成となっています。ちなみに電子書籍なのでフォントサイズは自由に変更できますし、PC、スマホ、Kindle専用デバイス、いずれの方法でも利用できます。

なお、一般的に市販されている英単語集とは異なり、極限の英単語には音声・例文どちらも付属しておりません。この点は購入前に認識しておきましょう。このレベル帯の英単語になってくると、効率的な英文を個人で用意するのは難しいかなと思うので、しょうがありませんね。

SVL 12000から漏れた基本的な英単語も収録

SVL Vol.4より知っている単語の出現頻度は高い

SVL 12000を覚えた後に極限の英単語でボキャビルする場合、一番覚えるのが大変だったのは10001~12000 (SVL Vol.4) の英単語たど感じる方が多いのではないでしょうか。

SVL 12000は英単語を12000語に収める必要性があるからか、略語、複合語は殆ど掲載されていません。対して極限の英単語はSVL 12000から漏れた高頻度の英単語もカバーしているため、基本的な用語、意味が推測できる英単語はSVL Vol.4より多く存在します。例えば、以下英単語が極限の英単語 Vol.1 (12001~13000) に収録されています。

略語fridge, ad
熟語all out (実際には all-out として掲載)
複合語countertop, lineman
派生語・分詞dramatically, waxed, washing

熟語や複合語などは意味が分からない場合もありますが、馴染みがある単語が使われている分、未知の英単語よりも覚えやすいはずです。もちろん高難度な単語も多く掲載されているので、新しい英単語を覚えたいという要望にも応えてくれるでしょう。

個人的に対応してもらえたら嬉しい点

  • 付番や区切りが欲しい

    電子書籍版なのでページの概念がなく、また付番がないので、一日のノルマ50単語、一日5ページずつ覚えよう、みたいなカウントはしづらいです。50単語ずつ区切る/付番があるなど、もう少しカウントしやすいフォーマットだと使いやすいのではないかと感じます。

  • 他のシステムに組み込める形式での販売もして欲しい

    P-Study SystemやAnkiなど、英単語暗記用のソフトで使えるフォーマットであれば購入するという方も一定数はいるのではないかと思います。英単語リストが勝手にネット上で公開されてしまうリスクがあるので実現は難しいかもしれませんが……。

縮約版や終極の英単語もある

極限の英単語 縮約版

極限の英単語 Vol.1~Vol.4以外に「極限の英単語 縮約版 上下巻」と「終極の英単語」が存在します。

極限の英単語はCOCAで高頻出の英単語が選出されていますが、AoAのデータで見ると、ネイティブでも知らない確率が高い英単語が含まれているようです。そこで、極限の英単語 Vol.1~4の中から、最低でもネイティブの8割は知っている単語のみを選出した英単語リストとして、極限の英単語 縮約版が用意されました。詳細は以下記事を参照ください。

種類掲載内容
極限の英単語 縮約版 上下巻極限の英単語の抜粋版

終極の英単語

極限の英単語はCOCAの頻出順を元に24000語レベルまでの英単語が選出されています。裏を返せば、ネイティブなら高確率で覚えている英単語であっても、低頻出な単語は収録されていません。この部分を補う目的で作られたのが終極の英単語 (約2000語) です。

COCAでは低頻出ながら、AoAのデータでは最低でもネイティブの7割は知っている英単語のみ集められているので、まだボキャビルし足りないと感じるならこの終極の英単語がオススメです。SVL 12000+極限の英単語+終極の英単語で約26000語なので、一般的に言われているネイティブの語彙30000語にかなり近くなりますね。

種類掲載語彙レベル
終極の英単語24000~26000語帯の英単語

極限の英単語はどれほど英文をカバーするのか

概要

極限の英単語は米国現代英語コーパスのCOCAの頻出順に準拠しているはずなので、一般的な英文であれば頻出順どおりに英単語をカバーできるはずです。具体的に以下の題材を利用して確認してみました。

英語試験英検1級 一次試験 (筆記+リスニング)、二次試験の例文
洋書ハリーポッター1巻 (米国版)
日本小説の英訳本旅猫リポート (英訳版)
日本マンガの英訳本DEATH NOTE 1巻 (英訳版)
ニュースCNN ニュース記事 x 10

英単語解析方法

それぞれの題材で使われている英単語が、それぞれ何千語レベルの語彙なのか確認していきます。語彙レベルは1000語ごとに分けていますが、1~12000語まではSVL 12000のレベル分けを、12001~24000までは極限の英単語のレベル分けを、24001~26000は終極の英単語を採用しています。

人名、地名、商品名、造語などは解析対象から除外しています。なお英文中の英単語は種類 (いわゆる見出し語、lemma) で分類します。例えば、go、goes、went の3つの英単語が登場していた場合は、SVL 1 (1~1000語レベル) の単語 go が1つ使われているとカウントします。詳細は以下記事を参照ください。

英検1級試験

英検1級 一次試験+二次試験

2017年度第1回 (2017年6月実施) の英検1級試験で出題された英単語を解析した結果です。
具体的に解析した英文は以下の通りです。

筆記試験英検のサイトで公開されている過去問から英文を抽出
筆記試験(ライティング)解答例に記載されている英文
リスニング過去問ページで公開されているスクリプトと問題用紙に掲載されている英文
スピーキングバーチャル二次試験 1級の「スピーチの考慮時間」、「スピーチ」および「Q&A」で使われている英文

SVL 12000で全体の93%をカバーできていますが、極限の英単語 Vol.1 (12001~15000語)の単語もそれなりに登場していることが分かります。英検1級は筆記試験パート1の選択問題の語彙レベルが特に高いと言われているので、12001語以上の英単語はこのパート1に使われていると思われます。実際に確認した結果が次のグラフです。

英検1級 一次試験 筆記パート1の解答選択肢 (試験5回分)

試験1回分ではサンプルが不足するので、2016年第2回~2017年第3回の5回分の英検1級 筆記パート1の解答選択肢で使われた英単語を解析しました。筆記パート1は単語・熟語の4択問題が25題あるので、(4 x 25) x 5 = 500 の解答選択肢を解析対象にしたことになります。選択肢には熟語が含まれており、また単語の重複もあるため、最終的には512種類の英単語を分類しています。

結果は予想通り、12001語以上の英単語は筆記試験パート1で多く使われていることが分かりました。しかし、15001語以上の英単語の割合が13%もあるのは気になります。そこで、筆記試験パート1の正解選択肢のみ解析をしてみました。

英検1級 一次試験 筆記パート1の正解選択肢 (試験5回分)

なんと、パート1で正解となる選択肢の96%が15000語レベルに収まることが分かりました。英検1級の語彙は10000~15000語と言われているので、極限の英単語 Vol.1 は確かに15000語レベルの英単語リストと言えますね。ちなみに1000~3000語レベルの英単語も多いですが、本解析では単語単体での評価しか行っていないためです。例えば roll out などの熟語は単語に分けてそれぞれ評価しているため、殆どが1000~3000語レベルに分類されています。

英検1級の語彙レベル解析の詳細は以下記事を参照ください。。

ハリーポッター1巻 (米国版)

ハリーポッター1巻 (米国版) で使われている英単語を分類した結果です。語彙レベルが増加するにつれ使われている英単語数が減少していることが分かります。

なお、ハリーポッター1巻 (米国版) のレビューやもう少し詳しい解析結果は別途記事にして公開する予定です。

ハリー・ポッターと賢者の石

英語タイトル Harry Potter and the Sorcerer’s Stone

旅猫リポート (The Travelling Cat Chronicles)

日本の小説を英訳した場合はどうか、という目的で有川浩「旅猫リポート」の英訳版を対象にしました。ハリーポッター1巻よりも易しめの英単語の割合が若干高いですが、大体の傾向は同じでした。ちなみに、omochi、judoなど所々日本語をローマ字にした単語が出てきますが、このような単語は解析対象から除外しています。

なお、旅猫リポート 英訳版のレビューやもう少し詳しい解析結果は別途記事にして公開する予定です。

旅猫リポート

英語タイトル The Travelling Cat Chronicles

DEATH NOTE (デスノート) 1巻

小説ではなくマンガならばどうか、ということでDEATH NOTE 1巻 (英語版) の英文を解析しました。マンガながら文章量は1万語を超えており、警察や犯罪が題材となるので難しい単語も多少あります。

なお、デスノート 1巻 (英語版) のレビューやもう少し詳しい解析結果は別途記事にして公開する予定です。

DEATH NOTE (デスノート)

英語タイトル Death Note

CNN 記事 x 10

ニュース記事ではどうか、を確認するためにCNNのニュース記事の英文 (10記事分、合計約10000語) を解析対象としました。今までの結果と比べると、総語数の割に範囲外の単語数は少し多いですが、概ね語彙レベルに沿って英単語が登場しているのではないでしょうか。

なお、具体的に利用した記事は以下の通りです。

範囲外の単語

当初は26000語 (SVL 12000+究極の英単語 12000語 + 終極の英単語 2000語) あれば、殆どの英単語を分類できるのではないかと考えていましたが、思ったよりも範囲外の単語が登場していました。しかし、範囲外の単語を確認してみると知っている or 意味が推測できる単語が多いことが分かりました。

英検1級試験 (2017年6月実施) で2回以上登場した26000語範囲外の英単語 (17語)

academia, additionally, bristlecone, decapitation, ecosystem, elk, environmentally, genetically, harvesttime, hydra, meristem, muckraker, overreact, painkiller, senescence, societal, theorize

例えば、2017年度第1回 (2017年6月実施) の英検1級試験では、26000語の範囲外の単語が79種類登場しています。その中で2回以上使われていた17語を上に挙げましたが、いかがでしょうか。派生語や複合語が多いため、語彙数が10000もあれば理解・推測できる単語が多いかと思います。また、特定の単語の意味が分からなくても文脈からおおよその意図は読み取れることが多いでしょう。翻訳家などの一部の専門家でなければ、26000語範囲外の英単語については、「知っている・推測できる単語が多いので気にする必要はなく、必要であればその時調べれば良い」ぐらいのスタンスで良いのではないかと思います。

まとめ

いくつかの題材で確認してみましたが、極限の英単語の語彙レベル分けは妥当と結論づけても良いかと思います。特に英検1級試験での単語カバー率は目を見張るものがあります。何がスゴイかというと、COCAの頻度順で15000語レベルの英単語リストを作成したら見事英検1級の出題単語と一致した、という点です。英検1級の語彙対策を確実にするのであれば、SVL Vol.4と極限の英単語 Vol.1をこなせば問題ないでしょう。もし知らない単語がでても、高確率で不正解ですしね。

小説やニュースを読む場合でも、すくなくとも極限の英単語 Vol.1に掲載されている英単語は覚えておいて損はないかと思います。試してみようかと迷っている方は、Kindle Unlimitedの30日間無料体験期間で利用してみてはいかがでしょうか。



極限の英単語を覚える

英単語の例文は「Do people say」で確認

極限の英単語には例文が付属していません。単純な名詞なら問題ありませんが、具体的にどのような使われ方をしているのかを知りたい場合は「Do people say」というサイトで調べる方法がオススメです。

使い方は単語や熟語などを入力して検索するだけです。英語圏のサイトである reddit で実際にその単語が使われた一文を表示してくれます。

Kindleを最大限活用

極限の英単語はKindle版で販売されていますので、すぐに覚えられない単語はKindleのフラッシュカード機能を有効活用していきましょう!

ここでは例としてKindle for AndroidとKindle Paperwhiteでのフラッシュカード作成方法を記載します。

Kindle for Android

① 覚えたい単語をハイライト

フラッシュカードに入れたい部分をハイライトします。

② [ノートブック]アイコンをタップ

フラッシュカード化したい単語を全て選択したら、メニューの[ノートブック]アイコンをタップします。

③ [シェア]アイコンをタップ

さらに、メニューの[シェア]アイコンをタップし、表示された[フラッシュカードを作成]アイコンもタップします。

④ フラッシュカードのデッキ名を決定

デッキ名を決める画面が表示されるので、任意の名前を決め、✔をタップして決定します

⑤ フラッシュカードでボキャビルする

1単語ずつのフラッシュカード出来上がったので、あとはボキャビルを実施していきましょう。

なお、もし日本語訳をまとめて表示したいのであれば、英単語と訳をまとめてハイライトしてフラッシュカード化するか、各カードを編集して手作業で日本語訳を追加していく必要があります。

⑥ フラッシュカードを閉じてしまったらメニューから開く

一度作成したフラッシュカードはいつでも利用することができます。フラッシュカードを作成した本を開き、メニューから[フラッシュカード]を選べばOKです。

Kindle Paperwhite

① 覚えたい単語をタップして選択

Kindle専用端末には「単語帳」機能があります。この機能、かなり優れものです。なんと単語を選択するだけで、自動的に単語一覧を作成してくれます! ここでは、Kindle Paperwhiteを使った方法を説明します。

まずは覚えたい単語をタップして選択状態にします。ハイライトする必要はありません。

② メニューから[単語帳]を選択

メニューから[単語帳 (言語設定が英語の場合はVocabulary Builder)]を選択します。

③ [フラッシュカード]をタップ

選択したことがある単語が自動的に一覧されます。この画面の下部にある[フラッシュカード]をタップします。

なお、ここで直接単語をタップすると単語の詳細が確認できます。

④ フラッシュカードでボキャビルする

1単語ずつのフラッシュカード出来上がったので、あとはボキャビルを実施していきましょう。極限の英単語の該当箇所も一緒に表示されるので、少し見づらいですが発音記号や日本語訳も確認できます。

なお、操作を終える場合は左上の[フラッシュカードを終了]をタップします。

Kindle専用デバイスの注意点

上記の説明では、ボキャビルするならKindle専用デバイスの方が使いやすいと感じているかもしれませんが、注意点もあります。Kindle Paperwhiteなどは液晶ではないため、動作が少し遅いです。小説を読むのであれば最適のデバイスだと思っていますが、単語を連続で選択するなどの操作は少しストレスを感じるかもしれません。

また、英文は日本語よりもフォントが小さくなるため、Kindle専用デバイスで英語マンガを読むことも考えているのであれば、7インチある Kindle Oasisの方がオススメです。Kindleで購入できるマンガは以下記事を参照ください。

Kindle Oasis

7インチ
8 GB / 32 GB
防水

Kindle Paperwhite

6ンチ
4 GB

極限の英単語はAnki、PSSと外部連携はできるのか?

Kindleは本文全体をエクスポートする機能はないので簡単に外部連携はできません。Kindleは一定量の文章コピーなどは可能なので、基本的には必要な単語のみをコピー・エクスポートし、自分でAnkiやP-Study System用の英単語一覧を作成してきます。

いくつか参考になりそうな記事へのリンクを置いておきますね。