せっかくタイピング練習するなら、ついでに英単語の練習もしたい!

日本のタイピングソフトは数多ありますが、英単語や英文を題材とする練習ソフトは多くありません。
そこで、海外で評価が高く、自分でも面白いと思ったタイピングソフトを紹介しますね。

無料のタイピング練習サイト

① TypingClub

1からタイピングを学ぶなら、オススメなのは「TypingClub」です。

ブラウザでそのまま操作するタイプですので、インストールなどの作業は必要ありません。
画面の[Get Started]をクリックすれば、すぐに始めることができます。

試す→TypingClub

ポイント!
  • 充実している練習コース
  • 洗練されたデザイン
  • メニューは日本語表示可能

圧倒的なコース量!

コースの量はなんと663! 段階を踏んでタイピングを練習することができます。

最初から順にこなしていくだけで、練習には十分なタイピング量が確保できますが、同じコースを何度も繰り返すことができるので、苦手なキーを重点的に練習することも簡単です。

シンプルでわかりやすい練習画面

序盤のコースは1つ1つのキーの練習から入ります。

指の位置、キーボードの位置が表示されているので、初心者でも手元を確認せずにタイピングができるように配慮されています!

画面の表示はシンプルですので、操作に迷う心配もありません。

終盤のコースは、ある程度の長さの長文をひたすらタイピングしていく形式になります。大文字、小文字、数字、記号が入り乱れてきます。

日本のタイピングソフトでは英文を練習の題材にした形式は少ないので、海外サイト独自のメリットですね。英単語の綴りの確認にも使えます。

メニュー表示は日本語対応

サイトの右上では、メニュー表示の言語を選択することができますが、なんと日本語も選べますよ!

なお、練習メニューは全部英文ですので、そこはご注意ください。

ここがチョット……

このサイトはあくまでも練習サイトで、ゲーム性はありません。

ゲーム性が欲しい、もっと楽しく練習したいという方には向いていません。
そのような場合は、以下の記事にある楽しく学べる練習方法を参考にしてみてくださいね。



② Typing.com

TypingClubだけでは飽きるので別のサイトでも練習したい!
という方のために、もう一つ「Typing.com」をご紹介しますね。

こちらもブラウザ側の練習サイトで、黄色い[Typing Lessons]をクリックすればすぐに練習に移れます。

試す→Typing.com

ポイント!
  • 軽快な動作
  • ゲーム形式の練習も可

練習コースは45種類

こちらのサイトでは全45コースのメニューが提供されています。序盤は1つ1つのキーの練習、終盤は英文で練習する形式です。

ゲームができる!

このサイトでは、いくつかタイピングゲームも提供されています。

サイトの上部の[Games]をクリックするとゲーム一覧が表示されますが、なかでも、Keyboard Ninja というゲームはオススメですよ!

画面に飛んできた物体を、対応するキーを押して切り捨てるゲームですが、爆弾だけは避けなくてはいけません。単純ですがテンポが良く、ついつい長時間やってしまいます。

無料のタイピングゲーム

③ ZTYPE (シューティング)

最初に紹介するのはシューティング系ゲーム、「ZTYPE」です。

[new game]をクリックすれば始められ、あとは敵機に対応する単語をタイプするだけです。
しかし、シンプルながらもBGMやグラフィックの雰囲気が良く、気づけば没頭してしまいますよ!

ページを開いてから開始前のロードが長い時がありますが、待っていれば大丈夫です。

試す→ZTYPE

ポイント!
  • キレイなBGMとグラフィック
  • HTML5で作成されているので、Flashを有効にする必要が無い

シンプルな操作方法

狙撃英単語タイピング
ボムEnterキー

難しい操作は一切ありません。ひたすらタイピングをするだけ!

なお、シューティングらしく「ボム」も実装されています。大量の敵に囲まれてもEnterキーを押せば窮地を脱せるので、ギリギリまでガンバりましょう! ボムの残数は右下に表示されていますよ。

④ Zombie Typocalypse (ガンシューティング)

お次はアメリカ人が大好きなゾンビゲー、「Zombie Typocalypse」です。

このタイピングゲームは無料ですが少し凝っていて、武器・弾薬・アイテムの購入要素まであり、ゲームしてる感が一層でてきますよ!

右下から難易度 (Easy/Medium/Hard) を選べばゲームが始まります。

試す→Zombie Typocalypse

ポイント!
  • 武器やアイテムの購入などが必要でゲーム性が高い
  • Flashで作成されているので、ブラウザのFlashを有効にする必要あり

武器・アイテムを駆使して戦え!

狙撃英単語タイピング
銃/弾薬切り替え数字キー (1~3)
アイテム使用数字キー (4~6)

最初はゾンビに対応した英単語をタイプするだけで良いのですが、弾薬やアイテムは消費する形式なので、ステージをクリアして獲得したお金で弾薬を購入する必要があります。

アイテムの購入要素

ステージクリア後に購入できる銃、弾薬は、金額が高いものほど1体のゾンビを倒すスピードが上がるようです。

例えば、安い銃の場合、1体のゾンビを倒すの約3秒かかり、この間別のゾンビを倒すことはできません (タイピングはできる)。高い銃を買って使うことで、1体のゾンビを倒すスピードが速くなり、大量のゾンビに対応することができる、という感じです。

開始前の注意点

ページを表示すると、最初は広告が表示されるので、少し待ってから[Skip Ad]を押して広告を閉じましょう。

その後、ブラウザのFlashを有効にする必要がある場合はメッセージが表示されます。

例えば、Firefoxの場合は[Adobe Flashを有効にします]をクリックし、Flashの実行を許可しましょう。

[今だけ許可]でも[常に許可]でもどちらでも良いですよ。

⑤ Nitro Type (レース)

無料ゲーム最後の紹介は、「Nitro Type」というレースゲームです。
このゲーム、なんとリアルタイムで対人戦ができます!

とにかくやってみたいという場合は、赤い[Race as a Guest]を押せばすぐにレースが開始できます。
他に参加者がいない場合は1人でそのままレースが始まります。夜間は人が多い印象です。

試す→Nitro Type

ポイント!
  • 対人戦、チーム戦など他の人と勝負できるので、モチベーションが上がる
  • 自動車の種類やアイテムで速度が変わってくるため、純粋なタイピングスピード勝負ではない

色々な技量の人がいて楽しめる

基本は画面下に表示された英文をすべて打ち終わるとゴールです。

やたら早い方もいますが、全体的にはソコソコの速さの人が多いので、タイピング中級者であれば十分楽しめるゲームです。

アカウントを作成しない場合は常にGuest扱いですが、アカウントを作成してゲーム内通貨を獲得していけば、自動車やアイテムが購入できる……らしいです。

はい、これはGuestでしかやっていないので詳細は分かりません。ごめんないさい!

その他のゲーム

海外の無料のタイピングソフトを色々探してみましたが、上にあげたモノ以外で独自性があったり完成度が高いものは見つかりませんでした。以下サイトに色々ありますので、興味があれば試していただければと思います。

コレは面白い! というものがあればTwitterで教えていただけると助かります!



有料のタイピングゲーム

⑥ Epistory – Typing Chronicles (アクション)

おすすめの有料タイピングゲームは2016年に発売された「Epistory (エピストリー)」です。

Steamで販売されており評価も好評!
2017年1月のアップデートで文字表示が日本語にも対応し、いつでも英語/日本語を切り替えることができますよ!

ポイント!
  • 美しいグラフィック、BGMで世界に浸れる
  • 英語音声も流れるのでリスニングもできる
  • ひたすらタイピングできるアリーナモードも存在
  • 日本語にも対応

折り紙調の美しいグラフィック

タイピングゲームとグラフィックはあまり縁がない印象でしたが、このゲームはその美しいグラフィックも高く評価されています。全体的な雰囲気が素晴らしく、引き込まれますよね!

シンプルかつ独特な操作

ゲーム内でチュートリアルがありますし、難しい操作は殆どありません。

ただ、特徴的なのは移動方法で、E/F/J/I のキーでキャラクターの移動ができます。このおかげで、タイピングのホームポジションから指を動かす必要が無く、タイピングに集中できるのが良いですね!

アリーナモードでタイピングを磨け!

周囲から迫りくる敵 (英単語) をひたすらタイプして倒していくアリーナモードもあります。

攻撃の属性 (Spark/Fire/Ice/Wind) によって攻撃の追加効果が変わり戦略性もあります。この属性の切り替え方法も独特で、切り替えたい属性のスペルをタイプする必要があります。

さらに、特定の属性しか通用しない敵も出てきたりと、中盤以降はてんやわんや! 人によってはストーリーモードよりもハマるのではないでしょうか。

日本語/英語の切り替え方法

日本語/英語の切り替えは、①タイピング対象の文字、②メニューやストーリーメッセージの2種類を別々にオプションで設定できます。

なお、メニュー・ストーリーを日本語に設定する場合は、設定で「英語」を選択する必要があります (正しくは「日本語」のはずなので、おそらく誤訳)。

音声は残念ながら英語のみです。

購入はSteamで

購入はSteamから可能です。\1500と少し高いですが、セール中は55% OFF になることもあるみたいですよ!

紹介記事がいくつかありましたので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

選外:God of Word

SteamにはEpistoryの他にもいくつかタイピングゲームがあり、その中の1つに「God of Word」というゲームがあります。

購入者の評価は高いのですが……はっきり言って上級者向けのゲームですのでご注意ください。

メインモードはタイピングよりも語彙力勝負

メインのモードは、与えられたいくつかの文字から、英単語の組み合わせをいくつも見つけてタイプするというものなのですが、かなりの語彙力が無いと太刀打ちできませんし、ちょっと飽きやすいと感じました。

例)
与えられた文字MMSTAES
英単語MAST、STEM、STEAM、MATE など

無料のタイピングゲームの方が面白いと思いますが、それでも気になる方は、セールでさらに安くなった時がねらい目だと思いますよ!