パス単1級に掲載されている英単語の語彙レベル、および英検1級の英単語をどれほどカバーするのか調査しました!

英検1級 でる順パス単とは

英検によく出る英単語を掲載

英検の問題5年分を分析

でる順パス単とは、5年分の英検の試験問題を分析し、よく出題される英単語を「でる順」で掲載している英検向けの英単語集です。

パス単シリーズは英検5級~1級までそろっているので、英検合格を狙うならまずはこの英単語集に掲載されている単語を押さえると効率良いと思います!

「英検 Pass 単熟語」の改訂版

でる順パス単は英検 Pass 単熟語の改訂版です。英検 Pass 単熟語の初版は1998年で、2012年の改訂で「でる順パス単」に名称が変更されました。古本で探すと名称が異なるので紛らわしいですが、パス単の方が新しいので、間違って購入しないようにお気を付けください。

パス単1級 掲載語の内訳

単語 (2100語)

英検1級向けのパス単には単語が2100語掲載されており、英検に頻出する順にでる度A・B・Cと分類されています。

各英単語には発音記号と日本語訳、例文が掲載されています。

熟語 (300語)

熟語は300種類掲載されており、日本語訳と例文が付いています。

パス単1級の種類

単行本/電子書籍版

パス単は電子書籍でも販売されています。画像はKindle版のものですが、単行本と同様の構成となっているかと思います。

電子書籍版は単行本の内容から一部変更されている場合がある模様
名称種類リンク
英検1級 でる順パス単単行本Amazon楽天
電子書籍Kindle (Amazon)Kobo (楽天)

アプリ版 (スマホ/タブレット)

パス単をスマホやタブレットで学ぶことが可能です。もともとmikanという単語学習用のアプリがあったのですが、mikanにパス単の掲載語を搭載したバージョンが登場しています。単語と熟語が

また、Androidのみですが英検Pass単熟語 (パス単の改訂前のバージョン) のアプリもあります。あえてこちらを選ぶ必要はないかと思いますが、掲載語数に大きく違いは無いので英検対策として使えるとは思います。

mikan でる順パス単の詳細は後述します。

名称価格リンク
mikan でる順パス単1級840円AndroidiOS
英検Pass単熟語1級700円Android

関連書籍

パス単の他に「でる順パス単 書き覚えノート」という書き込み式の本や、「文で覚える単熟語」というシリーズもあります。単語単体だけでは覚えづらいという場合は、これらの本も活用すると良いかと思います。

さらに、パス単を出版している旺文社は英検の過去問題集と予想問題なども扱っているので、パス単、過去問、予想問題をセットで購入する方もいます。複数の出版社の書籍をバラバラにそろえるよりは一貫性があるので、慣れやすいのではないでしょうか。

名称リンク
英検1級 でる順パス単 書き覚えノートAmazon楽天
英検1級 文で覚える単熟語Amazon楽天
旺文社の英検1級向け 参考書一覧Amazon

パス単の音声入手方法

スマホアプリなら無料で聞ける

英語の友

英語の友 – 英検1級 でる順パス単

単行本/電子書籍版の購入者はmp3をダウンロード可能

パス単の単行本/電子書籍を購入した場合は、見出し語、日本語訳、例文の音声ファイル (mp3形式) を無料でダウンロードすることができます。パス単の本文内にパスワードが記載されており、以下ダウンロードサービスから入手することが可能です。

スマホアプリなら音声は無料で聞ける

スマホアプリ「英語の友」でパス単の音声を無料で聞くことができます。書籍を購入してダウンロードできる音声ファイルと同じ内容が聞けるのでオトクです! さらに、オリジナル機能として英単語のみ順番に読み上げる機能もあります。ただし、英単語や例文を文字で確認することはできません。

名称価格リンク
英語の友無料AndroidiOS

英検1級の語彙レベル

語彙数は10000~15000程度

英検1級に必要な語彙数は一般的には10000~15000程度と言われています。TOEIC高得点が10000程度と言われているので、英検1級はかなりの語彙力が必要です。本記事では実際にパス単1級の掲載語がどれだけ英検の英単語をカバーできるのか調べましたので参考にしてください。

なお、アルクによる英単語リストSVL12000でどれほど英検の英単語をカバーできるのか以下記事で別途調べていますので、あわせて参照ください。



英検1級 でる順パス単の語彙レベル

概要

26000語レベルの英単語リストを比較する

パス単1級の掲載語の語彙レベルを26000語レベルで分類していきます。語彙レベルはアルクのSVL 12000 (1~12000語レベル) と極限の英単語・終極の英単語 (12001~26000語レベル) を基準としています。

各英単語リストについては以下を参照ください。

基準となる英単語リスト語彙レベルレビュー記事
SVL 120001~12000レビュー
極限の英単語 Vol.1~412001~24000レビュー
終極の英単語24001~26000

比較対象のパス単の単語

パス単には単語・熟語が掲載されていますが、ここでは単語2100語を比較対象にして評価します。

なお、2100語の中には「full-fledged」「state-of-the-art」など複数の単語で構成される語句がいくつか含まれています。本サイトでは単語単体で評価するため単語単体に分離し、単語の重複は削除しています。最終的に評価した単語は2106語となっています。

SVL 12000との比較

パス単1級の掲載語

上記表は、パス単1級の掲載語を26000語レベルで分類した結果です。英検1級の語彙は10000~15000程度と言われている通り、難解な単語が多数掲載されていることが分かりますね。

パス単1級の掲載語 (でる度別)

パス単1級の単語 2106語をでる度A (700語)、でる度B (702語)、でる度C (704語) でわけて語彙レベルを調べた結果が上記表です。

パス単1級、準1級と3~5級の掲載語 (重複除外)

掲載語数掲載語数
(単語単体)
初掲載の
単語数
パス単2~5級432143152750
パス単準1級155015501335
パス単1級210021061660
合計797179715745

上記表はパス単2~5級の掲載語と準1級、1級の掲載語を合わせ、重複を除外して語彙レベルを分類した結果です。

パス単1~5級の掲載単語数は合計で7971語ですが、重複している単語も多くあります。パス単5級から順に初掲載された単語を数えていくと、パス単1級で初めて掲載された単語は1660語でした。

英検1級試験の英文カバー率

概要

パス単1~5級の英単語でどれほどカバーできるか計測

パス単2~5級に掲載の英単語 2750語、準1級の1335語、1級の1660語でどれほど実際の英検の試験で使われた英単語がカバーできるか確認します。手順の詳細については「英文の語彙レベル解析手順について」を参照ください。

計測対象の英検

2017年6月に実施された英検1級試験の筆記、およびリスニングで使われた英単語を対象とします。

筆記試験英検のサイトで公開されている過去問から英文を抽出
筆記試験(ライティング)解答例に記載されている英文
リスニング過去問ページで公開されているスクリプトと問題用紙に掲載されている英文
スピーキングバーチャル二次試験 1級の「スピーチの考慮時間」、「スピーチ」および「Q&A」で使われている英文
人名などの固有名詞や数値などは除外

英文カバー率

総語数

上記は英検1級試験で使われた全英単語を、パス単2~5級と準1級、1級の掲載語で分類した結果です。なお、パス単にはbe動詞や Yes、Noが単語として掲載されていません (パス単5級の定型表現には掲載されている)。上記表では範囲外の単語が1341語となっていますが、be動詞、Yes、Noで392語を占めているので、これらを除けばカバー率はもう少し高くなります。

英単語の種類

単語の重複を除外し、英単語の種類で分類した結果が上記です。パス単1~5級の5745語で全体の74%をカバーできていますが、これだけでは正直足りておらず、範囲外の単語をカバーする必要があるでしょう。そこで範囲外の単語の語彙レベルも調べてみました。

範囲外の単語の語彙レベル

パス単1~5級の掲載語でカバーできなかった524語について語彙レベルを調べた結果が上記表です。この結果を踏まえ、パス単1~5級の語彙に含まれていないSVL 1~12レベルの単語を覚えた時に、どのぐらい英検の単語をカバーできるのかを計算しました。

英単語集合計語彙数カバー率
パス単1~5級574574%
SVL 1~3669280%
SVL 1~6857288%
SVL 1~91067992%
SVL 1~101136792%
SVL 1~111199893%
SVL 1~121271094%

パス単1~5級の掲載語は5745語で、例えばそこにパス単未掲載のSVL 1~3の単語を覚えた場合は語彙が6692語まで増え、カバー率は80%まで上昇するという事です。

筆記パート1対策を考える

本サイトの英検1級の語彙レベルを調べた記事でも言及しましたが、基本的に英検1級試験で出題される高難易度の単語は筆記パート1の語彙選択問題です。例えば過去5回分の筆記パート1の回答選択で使われた単語の語彙レベルを調べた結果は以下の通りです。

ここで、SVL 1~9の9000語を覚えている状況でパス単1級で語彙を強化したとするとどの程度筆記パート1の単語をカバーできるかを調べたところ以下のような結果になりました。

英単語集合計語彙数カバー語数カバー率
SVL 1~9900016131%
SVL 101000021442%
SVL 10~111100030059%
SVL 10~121200039377%
パス単1級1038234467%

過去5回分の筆記パート1の回答選択肢で使われた英単語は合計512語で、SVL 1-9の9000語で31%、SVL 1-12で77%カバーできていました。対して、SVL 1-9とパス単1級の10382語 (重複除外) では67%カバーできていたことが分かりました。

どうやら、筆記パート1の語彙対策だけを考えるのであれば、SVL 10-11の2000語よりもパス単1級の1382語を覚えた方が効率が良さそうです。そうはいってもカバー率は67%にとどまっているので、語彙対策を万全にしたいのであれば、パス単1級+SVL 12000をこなし、余裕があれば13000語レベル以上の極限の英単語 Vol.1の掲載語も覚えた方が良いことには違いありませんよ……!



英検1級の語彙対策

パス単1級+SVL12000

語彙対策として、パス単1級とSVL Vol.4 (SVL 10-12の3000語を収録) どちらを選ぶべきか迷う方もいるかと思います。本記事の結果から、例えば1000語しか覚える時間がないという場合は、やはりパス単1級の単語を押さえた方が効率が良いでしょう。また、パス単と同じ出版社が出している問題集で総合的に対策を取る必要もあるかと思います。

語彙対策を万全にしたいのであれば、パス単1級だけでは不足しているので、SVL Vol.4や極限の英単語 Vol.1の掲載語を押さえれば十二分になると思います。

名称リンク
英検1級 でる順パス単Amazon楽天
Kindle (Amazon)Kobo (楽天)
英検1級 でる順パス単 書き覚えノートAmazon楽天
英検1級 文で覚える単熟語Amazon楽天
旺文社の英検1級向け 参考書一覧Amazon

パス単1級の単行本を活用する!

手作り単語カードで効率を高める!

普通に1ページずつ読み進め、章ごとや1冊丸ごと復習を繰り返す方法が一般的だと思います。しかし、思い切ってハサミで切って単語カードを手作りする方法をオススメしている方もいます。

英単語集はボロボロにしてなんぼです。後生大事にする必要はありませんので、もし本の形式で覚えられないのであれば単語カードを自作してみてはいかがでしょうか。詳細は以下を参照ください。

mikan でる順パス単を活用する!

mikanとは

中・高校生に特に人気の無料アプリ

mikanとは英単語暗記用のアプリです。通常のmikanは無料で、学校で学ぶ英単語やTOEIC向け英単語などのボキャビルができます。中・高校生の間で特に人気があるようです。

単語カードが表示されたら左右スワイプで知っている単語・知らない単語を振り分けるだけというシンプルな操作なので、アプリで勉強をするのは初めてという方にも取っ付き安いかと思います。

一部機能は有料

mikan自体は無料ですが、いくつかの機能は有料メンバーにならないと利用できません。買い切りではなく、月額制なので注意してください。

mikan でる順パス単

パス単の掲載語がmikanで学習できる

mikanは無料ですが、市販の英単語集の掲載語を収録したバージョンが有料で販売されています。パス単もその中の1つで、1級~5級がそれぞれ販売されています。

名称価格リンク
mikan でる順パス単 1級840円AndroidiOS
mikan でる順パス単 1級AndroidiOS
mikan でる順パス単 1級AndroidiOS
mikan でる順パス単 1級AndroidiOS
mikan でる順パス単 3級720円AndroidiOS
mikan でる順パス単 4級AndroidiOS
mikan でる順パス単 5級AndroidiOS
アプリを使いこなすと勉強の効率は飛躍的に上がる

mikanは暗記度合いに応じて復習期間を自動で管理してくれる点で、紙の単語カードや英単語集よりも優れています。また、スマホで操作できるので、スキマ時間を活用しやすいのも利点です。

自動化できるところは自動化しましょう! そうすれば学習の効率は大幅に高まりますよ!

注意点

mikan でる順パス単には例文は付いていません。また、リスニング機能や日本語→英語の順番でのカード表示機能などはPro機能として有料 (月額制) となるらしいです。

2018年6月時点では、mikanパス単のPro機能の提供は始まっていない

パス単に掲載されていない単語を学ぶなら

パス単から漏れている単語をSVL12000で補完する

パス単から漏れている単語をSVL12000で補完する

パス単は英検向けの単語集ですが、本記事で調べた通りパス単1級~5級の掲載語を全部足しても重複を除外すると6000語ほどしかありません。英検1~1級はパス単の掲載語だけだと語彙数に不足がでてくるので、別の英単語集も併用していく必要があります。

最終的に英検1級以上、TOEIC高得点を狙っていくのであれば、「パス単5級→パス単4級→SVL 1→パス単1級→SVL 2→・・・」のようにパス単とSVLで交互にボキャビルしていくと、英単語の漏れなく語彙を増やせるかと思います。

スマホやタブレットでボキャビルできるAnki

自分で単語帳を自作できるAnkiがオススメ

mikanでSVL 12000をボキャビルすることはできませんが、AnkiというツールにSVL12000の英単語を取り込んで、スマホやタブレットでボキャビルすることはできます。

Ankiは英語学習者や海外の学生も活用しているツールです。私もAnkiで数百時間はボキャビルしていますよ!

Ankiは英語以外の科目にも応用できる

Ankiは文字、画像、音声を使って自分で単語帳を作成できるので、暗記が必要な科目すべてに応用できます。

  • 国語: 漢字
  • 数学: 公式
  • 歴史: 年表、歴代将軍の名前
  • 化学: 元素記号、化学式

子供が使い方を一から学ぶのは大変ですが、両親がAnkiの使い方を学び、子どもにAnkiで色々勉強させているなんて話も聞きます。暗記科目全般にアプリを活用したいのであれば、Ankiはオススメです!