英語楽に学びたい?

楽しめる英語の趣味を探そう!

Find a hobby you love!

えいらく

について

「楽に学べる ≒ 楽しいと思える題材を利用する」という考えの元、本サイト「えいらく」では英語学習の息抜きや多読多聴の題材の候補となる娯楽作品についてまとめています。また、自分や英語試験のレベルの把握に役立つように英単語集やTOEIC模試・英検などの語彙レベルも調べています。

新規記事の作成は遅めですが既存の記事は随時更新していますし、結構レアな情報も扱っていますよ……!

洋書・絵本を読みまくる!

あの作品の原作をいずれ読んでみたいけど、どのくらいのレベルなのかイマイチ判断できない! という疑問をお持ちの方も多いかと思います。私も多読を始めた頃に悩んだことがあります。

そこで英語の絵本~ハリー・ポッターレベルの洋書までを自分で読み、読みやすさ順にまとめました! 記事を参考に、徐々にレベルを上げて洋書を読んでみてはいかがでしょう……!

洋書のオーディオブックを聴く!

洋書の朗読を聴いてみたい、リンスニングの題材を探している、という場合は Audible と Scribd がオススメです。

アン・ハサウェイなど有名俳優・女優の朗読は聴きごたえがありますし、無料体験も可能です。とりあえず無料の1冊を試してみてはいかがでしょう! オーディオブックはもはや生活の一部になっていると言えるほど、私もずっと聴いています。

英語マンガを楽しむ!

マンガ、良いですよね! 近年は日本のマンガが大量に英訳されており日本でも簡単に入手することができます。私もいろいろと読んでいます。

大文字や擬音語など慣れが必要な部分もありますが、イラストがあるので内容が理解しやすく、慣れ親しんだ作品を英語で読むのも楽しいです。オススメの作品や読み方・選び方のコツをまとめたので、マンガ好きなら試してみてください……!

英語ライトノベルにハマる!

ライトノベルが好きなら英語でラノベを読んでみるという手もあります……!

例えば日本の学校が舞台なら文化的背景については既知なので、海外の小説よりもハードルが低いというメリットもありますし、一度日本語の原作を読んだことがある作品を今度は英語で読んでみる、ということもできます。ラノベ好きなら一度試してみてはいかがでしょう。

英語ゲームをプレイする!

ゲーマーならゲームを英語でプレイすれば良いのです。ノベルゲーム、RPG、アクション、なんでも英語でプレイしてみれば良いのです……!

最近のスマホやPC・ゲーム機では多言語対応したソフト・アプリが出ていますし、海外版ソフトをプレイすることもできます。ノベルゲームなら立ち絵があるので小説よりも状況が分かりやすい、RPG なら会話を英語で読みつつ戦闘で息抜きできる、などゲームならではのメリットがあります。気づけば (英語なのに) 50時間もプレイしていた、なんてこともありますよ……!

英語アニメ・ドラマを観まくる!

文字よりも映像の方が好きという場合は、ドラマ・アニメを見まくりましょう! Netflix にはドラマ・アニメで英語音声 & 英語字幕を設定できる作品が色々あるのでオススメです。

音声と字幕が一致していないケースもありますが、その場合はいっその事「日本語音声を聴く → セリフを自分で英訳してみる → 英語字幕を確認する」なんてこともできますよ!

英単語集の語彙レベル

1万語以上の英単語を重複なく掲載しているものは多くありませんが、アルクは「究極の英単語 (SVL12000)」という12000語の英単語集を販売しています。

語彙力を鍛えるのであれば一度はこの SVL12000 を確認してみてはいかがでしょう。また、本サイトでは色々な英文の語彙レベルをこの SVL12000 を基準に調べ、その内容を公開しています……!

TOEIC L&R / 英検の語彙レベル

TOEIC L&R や英検で必要となる語彙数は? この疑問にこたえるべく、TOEIC L&R 公式問題集と英検過去問の英文の語彙レベルを SVL12000 を基準に調べました。

試験準備の一環として、自分の現在の語彙力の確認としてお役立てください!

暗記を助けるツール、その名も「Anki」

Ankiとは紙の単語帳やフラッシュカードのような機能をスマホ・タブレット・PCで利用できるアプリで、私もボキャビル目的に数百時間利用しています。

復習間隔を自動で管理してくれるので覚えにくいカードのみ頻繁に復習でき、暗記の効率がアップします。ボキャビルの他、瞬間英作文や国語・社会・理科など様々な暗記科目に利用することができますよ……!

管理人: 矢月

洋書好き、マンガ好き、ラノベ好き、ゲーム好き、アニメ好き、ドラマ好きな英語学習中の社会人です。経歴は SE(日本)→ Webマスター(米国、日本)。

かつて洋書多読に挫折しそうになったときに英語でゲームをプレイしたことが学習のモチベーション維持に役立ったのですが、洋書以外の英語の娯楽作品の日本語情報が少ないと気づき、情報をまとめようと本サイトの運営を始めました。他にも色々な英文の語彙レベルなど、調べる人が少ないけど気になる情報をまとめたいと思っています……!