Generalは大将で、Colonelは大佐で…、Lieutenantは…なんだっけ? 中尉? 少尉?

こんな経験ありませんか? 戦争が舞台となる物語では軍隊の階級や編成単位 (大隊、中隊 など) の用語が使われますが、1つ1つ覚えていっても全体像はなかなか見えてきません。関連する単語は一気に覚えてしまいましょう!

軍隊の階級の英単語の覚え方

日本の階級と対比して覚える

大将、大佐の呼称は旧日本軍から使われている

大将、大佐、大尉などの階級名を一度は見聞きしたことがあるかと思いますが、これらは旧日本軍で使われていた階級です。自衛隊では異なる階級名を使っていますが、他国の階級を表現する際には大将や大佐などと訳されますし、小説やマンガに登場する架空の軍隊の階級としても使われています。

将官大将中将少将准将
佐官大佐中佐少佐
尉官大尉中尉少尉
准士官准尉
下士官曹長軍曹伍長
兵 (兵卒)兵長上等兵一等兵二等兵

他国でも軍隊には階級制度があり、映画のタイトルで使われていたりもします。例えば第二次世界大戦が舞台の映画「プライベート・ライアン (原題: Saving Private Ryan)」のPrivateはアメリカ陸軍の階級であり、直訳すると「ライアン一等兵の救出」という意味になります。

他にも、日本のライトノベル「All You Need Is Kill」を原作とするアメリカの映画「Edge of Tomorrow」では、主人公は少佐 (Major) から二等兵 (Private) へと降格され、本来は階級が下である曹長 (Master Sergeant) から小突かれるなんて場面もあります。

階級の英単語を知っていれば登場人物の上下関係や立場の理解に役立ちますよ!

日本の階級に照らし合わせて他国の階級を覚える

軍隊の階級の英単語と一口に言っても、国や陸海空軍によってそれぞれ階級の構成・名称が異なっているため、全てを覚えるのは非常に大変です。そもそも他国の軍隊について詳しく知る必要はありません。軍隊の階級の英単語を覚える場合はまず日本での階級を把握し、日本と他国の階級を対比させながら覚えた方が分かりやすいです。もちろん日本と他国の軍隊の構成は異なるため完全なる対比は不可能ですが、概要を理解するだけであれば問題ありません。

そこで、本記事ではまず日本における軍隊の階級、軍隊の編成単位を説明し、対応する英単語を紹介していきます。

All You Need Is Kill
(Light Novel)

英語タイトル All You Need Is Kill

オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画版)

英語タイトル Edge of Tomorrow

軍隊の階級、編成

軍隊の階級一覧

軍隊の階級自衛隊 階級
(共通呼称)
階級指揮する編成・人数 (陸軍)その他の呼称
将官大将軍団~総軍3万~5万以上・称号:将軍、提督
・敬称:閣下
・役職:司令官
幕僚長
中将師団~軍1万~5万以上
少将旅団・師団2,000~2万将補
准将旅団2,000~5,000
佐官大佐連隊・旅団500~5,0001佐
中佐大隊・連隊300~5,0002佐
少佐中隊・大隊60~1,0003佐
尉官大尉中隊60~2501尉
中尉小隊30~602尉
少尉小隊30~603尉
准士官准尉小隊30~60准尉
下士官曹長小隊30~60曹長
軍曹分隊~小隊8~601曹
伍長組~分隊1~122曹
3曹
兵 (兵卒)兵長組~分隊1~12士長
上等兵組・班1~61士
一等兵組・班1~62士
二等兵

Wkipediaに掲載されている階級の種類および各階級において指揮する編成・人数 (陸軍の場合) を一覧にすると上記の通りです。対応する自衛隊の階級も合わせて掲載しています。(Wikipedia掲載の情報は出典が不明なものもあるため、不正確な場合があります)

各階級の英単語は後述するので、その前に各項目について説明していきます。

軍隊の階級について

将官大将中将少将准将
佐官大佐中佐少佐
尉官大尉中尉少尉
准士官准尉
下士官曹長軍曹伍長
兵 (兵卒)兵長上等兵一等兵二等兵
将官、佐官、尉官

少尉以上は士官または将校と呼ばれ、指揮官としての役割があります。階級としては将官 > 佐官 > 尉官の順で、それぞれ大・中・小・(准) に分けられています。国によっては上級大将、元帥、大元帥などが大将よりも上の階級に置かれることもありますが、まずは上記表の階級を基本として押さえておけば良いでしょう。なお、旧日本軍においては元帥は称号です。つまり、元帥の称号を持つ者でも階級は大将ということです。

士官候補生

士官候補生とよばれる立場もあります。上記階級表には含めていませんが尉官の下の階級にあたり、自衛隊においては曹長の階級が指定されるようです。

階級一覧を見ると准尉が昇進すると少尉になるように見えますが、旧日本軍においては実際に准尉・下士官から尉官に昇進できるものは殆どおらず、専用の教育を受ける士官候補生となり尉官になるのが普通だったようです。そのため、少尉になりたての頃は曹長の方が実戦経験が豊富で、現場では曹長の方が尊重されることもあったようです。

准士官

准士官は少し特殊な立場です。旧日本軍においては、下士官は将校 (尉官以上) に昇進することは困難だったため、下士官の中で功労があった者を士官相当の待遇として扱うために准士官が設けられたと言われています。現在では特別な技能を持つ専門職の階級として扱われるのが一般的なようです。

下士官、兵

軍人の大多数が属する階級です。入隊時は二等兵から始まり、昇進を重ねて下士官となっていくようです。一人の兵士という意味で一兵卒という言葉がありますが、兵卒は兵の旧称です。

自衛隊の階級について

幹部将官幕僚長将補
佐官1佐2佐3佐
尉官1尉2尉3尉
准尉准尉准尉
曹士曹長1曹2曹3曹
士長1士2士

自衛隊は軍隊とは異なる階級名を用いていますが構成は殆ど同じです。例えば幕僚長は大将、1佐は大佐と同等の階級です。また、陸海空軍の区別をハッキリさせる場合は1等陸佐、1等海佐などのように呼称します。階級の一覧は防衛省の「自衛官の階級」を参照ください。

なお、自衛隊で尉官を目指す場合、幹部候補生学校を経る道と曹士から叩き上げで尉官になる道があるようです。

階級以外の呼称

称号・役職・敬称将軍General
提督Admiral
閣下Excellency
司令官Commander
司令

同一人物に対して中将、将軍、閣下、司令官などと呼び名が変わることがありますが、それぞれ階級、称号、敬称、役職を表しています。

将軍、提督

将官 (准将~大将)のことを総称して将軍、提督と呼ぶことがあります。基本的に将軍は軍隊指揮官の称号で陸空軍の将官を指し、提督は艦隊指揮官の称号で海軍の将官を指しています。

閣下

将官に対して閣下と呼ぶことがありますが、閣下は敬称です。閣下に対応する英単語はExcellencyですが、実際に使う場合はYou→Your Excellency、He→His Excellency、She→Her Excellencyと表現します。これは位の高いものに対して直接You、He、Sheなどを使うのは失礼にあたるため、高潔さ・優秀さを表す別の単語を使って歪曲して表現する手法です。His Majesty (陛下)、Your Highness (殿下) などと同じですね。

現在の国際社会における敬称の使い方については、外務省の「Q 外国の高位、高官への敬称、呼称の使い方について、留意すべき点は何でしょうか?」に記載されていますので、一見してみてはいかがでしょうか。

司令官、司令

司令官とは軍や艦隊の指揮する人に対する役職です。軍や艦隊を指揮できるのは将官なので、将官は将軍・提督・閣下の他に司令官と呼ばれることもあります。より小規模な編成で、佐官以下が指揮する場合は司令官ではなく司令と呼ばれます。

軍隊を指揮する立場

国家元首総統Fuhrer
大帝the Great
地域を統治する総督Governor-general
組織を率いる総帥Commander
総裁President

日本の軍隊の階級で一番上は大将ですが、他国では大将の上に位置する階級に元帥がある場合があります。また、小説やマンガなど架空の軍隊では物語の都合上、軍部を束ねている者の立場が総統、総帥などの場合があります。字面は似ていますが、それぞれ立場が異なるので簡単に説明しておきます。

総統、大帝

総統は国家元首の名称の1つ、大帝は偉大な皇帝の称号で、どちらも国家の指導者を指しています。国家間の戦争を描くような物語では、軍の最高責任者が総統・大帝である場合があります。

総督

総督は全体を監督する役で、軍隊の最高司令官や植民地を統括する長官を意味します。そのため、特定地域における紛争を描く物語では、軍隊の責任者が総督と呼ばれることがあります。

総帥、総裁

総帥は一般的に組織全体を指揮する人を指しますが、元々は全軍を指揮する人を指した言葉です。また、総裁は政府や公団を治める長の職です。小説などで特定の組織・団体が私的に軍隊を所有したような状況があると、その軍隊のトップは総帥・総裁と呼ばれる可能性があります。

近代陸軍の編制

近代陸軍の
編成単位
規模 (人数)指揮官対応する英単語
総軍多数元帥・大将TheaterRegion
軍集団Army Group
5万以上元帥~中将Army
軍団3万以上大将・中将Corps
師団1万~2万中将・少将Division
旅団2,000~5,000少将~大佐Brigade
連隊500~5,000大佐・中佐Regiment
大隊300~1,000中佐・少佐BattalionCohort
中隊60~250少佐・大尉Company
小隊30~60中尉~軍曹Platoon
分隊8~12軍曹~兵長SquadSection
4~6伍長~一等兵Fireteam
1~6

Wikipediaの「軍隊の編成」、「Command hierarchy」をまとめると近代陸軍の部隊編成は上記のようになります。編成の単位も国や陸海空で異なっており階級以上に複雑になっているため、ひとまず上記陸軍の編成だけ押さえておけば良いかと思います。ちなみに、現場が中心として語られる物語は大隊以下の編成が、司令部に焦点が充てられる物語は大隊以上の編成が比較的使われているように個人的には思います。

陸海空自衛隊については具体的な編成が防衛白書で公開されていました。総隊が最大単位となっているようです。



軍隊の階級の英単語

アメリカ陸海空軍

軍隊の階級アメリカ軍 階級
陸軍
(United States Army)
海軍
(United States Navy)
空軍
(United States Air Force)
元帥General of the ArmyFleet AdmiralGeneral of the Air Force
将官大将GeneralAdmiralGeneral
中将Lieutenant GeneralVice AdmiralLieutenant General
少将Major GeneralRear Admiral Upper HalfMajor General
准将Brigadier GeneralRear Admiral Lower HalfBrigadier General
佐官大佐ColonelCaptainColonel
中佐Lieutenant ColonelCommanderLieutenant Colonel
少佐MajorLieutenant CommanderMajor
尉官大尉CaptainLieutenantCaptain
中尉First LieutenantLieutenant Junior GradeFirst Lieutenant
少尉Second LieutenantEnsignSecond Lieutenant
准士官准尉Warrant Officer
下士官曹長Platoon SergeantChief Petty OfficerMaster Sergeant
軍曹Staff SergeantPetty Officer First ClassTechnical Sergeant
伍長SergeantPetty Officer Second ClassStaff Sergeant
兵 (兵卒)兵長CorporalCorporalSenior Airman
上等兵Private First ClassLance CorporalAirman First Class
一等兵PrivatePrivate First ClassAirman
二等兵PrivatePrivateAirman Basic

アメリカ陸海空軍の階級と日本の軍隊の階級を照らし合わせた結果が上記表です。陸海空軍でそれぞれ階級名が異なっているため、まずは陸軍または海軍の階級だけ覚えることをオススメします。ある程度法則性があるので、実はそこまで覚えるのは大変ではありませんよ! なお、映画などを見ていると中尉や曹長でも単にLieutenant、Sergeantとだけ呼ばれ、正式な階級名で呼ばれないケースはよくあるので注意してください。

ついでに、日本のマンガ「鋼の錬金術師」とライトノベル「フルメタル・パニック!」に登場する軍隊の階級が、北米版ではどのように翻訳されたか調べてみました。結果は以下の通りです。

階級鋼の錬金術師フルメタル・パニック!
登場人物英訳された階級登場人物英訳された階級
将官大将
中将グラマンLieutenant General
少将オリヴィエ・ミラ・アームストロングMajor General
准将バスク・グランBrigadier General
佐官大佐ロイ・マスタングColonelテレサ・テスタロッサCaptain
中佐ゾルフ・J・キンブリーLieutenant ColonelマデューカスCommander
少佐アレックス・ルイ・アームストロングMajorカリーニンLieutenant Commander
尉官大尉バッカーニアCaptainゲイル・マッカランFirst Lieutenant
中尉リザ・ホークアイFirst LieutenantクルーゾーLieutenant
少尉ジャン・ハボックSecond Lieutenant
准士官准尉ヴァトー・ファルマンWarrant Officer
下士官曹長ケイン・フュリーMaster Sergeantメリッサ・マオSergeant Major
軍曹デニー・ブロッシュSergeant相良宗介Sergeant
伍長
兵 (兵卒)兵長
上等兵
一等兵
二等兵

鋼の錬金術師は陸軍の階級で統一されていましたが、フルメタル・パニック!では主人公は主に陸上で活動するので陸軍の階級、上司は潜水艦の艦長なので海軍の階級が使われていました。さらに、主人公が属する組織はどの国にも属していないため、純粋にアメリカの軍隊階級がそのまま使われているわけでもないようです。この辺りの違いは面倒ですが、注目してみると案外面白いものです。

鋼の錬金術師

英語タイトル Fullmetal Alchemist

フルメタル・パニック!

英語タイトル Full Metal Panic

イギリス陸海空軍

軍隊の階級イギリス軍 階級
陸軍
(British Army)
海軍
(Royal Navy)
空軍
(Royal Air Force)
元帥Field MarshalAdmiral of the FleetMarshal of the Royal Air Force
将官大将GeneralAdmiralAir Chief Marshal
中将Lieutenant GeneralVice AdmiralAir Marshal
少将Major GeneralRear AdmiralAir Vice Marshal
佐官准将BrigadierCommodoreAir Commodore
大佐ColonelCaptainGroup Captain
中佐Lieutenant ColonelCommanderWing Commander
少佐MajorLieutenant CommanderSquadron Leader
尉官大尉CaptainLieutenantFlight Lieutenant
中尉LieutenantSub-LieutenantFlying Officer
少尉Second LieutenantPilot Officer
准士官准尉Warrant Officer
下士官曹長Staff SergeantChief Petty OfficerFlight Sergeant
軍曹SergeantPetty OfficerSergeant
伍長
兵 (兵卒)兵長CorporalLeading RateCorporal
上等兵Lance Corporal
一等兵PrivateAble RateSenior Aircraftman
二等兵PrivateAircraftman

こちらはイギリス軍での階級です。普段からイギリス英語に触れている方は、アメリカよりもイギリスの陸軍の階級を覚えた方が役に立つかと思います。なお、イギリスの准将は将官ではなく佐官です。また、下士官・兵の階級は日本との対比が難しいので上記表は大体の目安とお考え下さい。

日本の作品が翻訳された際にイギリスの階級名が使われている作品があるか探してみましたが、アニメ「ストライクウィッチーズ」の階級はイギリス空軍の階級名に翻訳されていました。この作品の舞台は地球 (によく似た世界) の欧州なので、アメリカではなくイギリスの軍隊の階級に翻訳されたのだと思います。他にも、「銀河英雄伝説」の階級はイギリス海軍と同等の階級になっているようです。

階級ストライクウィッチーズ
登場人物英訳された階級
将官大将
中将
少将
佐官准将
大佐ハンナ・ウルリーケ・ルーデルGroup Captain
中佐ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケWing Commander
少佐坂本美緒Squadron Leader
尉官大尉ゲルトルート・バルクホルンFlight Lieutenant
中尉エーリカ・ハルトマンFlying Officer
少尉フランチェスカ・ルッキーニPilot Officer
准士官准尉
下士官曹長
軍曹宮藤芳佳Sergeant
伍長
兵 (兵卒)兵長
上等兵
一等兵
二等兵
ストライクウィッチーズ
第2期 S.A.V.E. 北米版

英語タイトル Strike Witches: Season 2 S.A.V.E.

銀河英雄伝説

英語タイトル Legend of the Galactic Heroes

その他

すでに紹介していますが、改めて階級以外の呼称、軍隊の編成の一覧も掲載しておきます。

階級以外の呼称

称号・役職・敬称将軍General
提督Admiral
閣下Excellency
司令官Commander
司令

軍隊を指揮する立場

国家元首総統Fuhrer
大帝the Great
地域を統治する総督Governor-general
組織を率いる総帥Commander
総裁President

近代陸軍の編制

近代陸軍の
編成単位
規模 (人数)指揮官対応する英単語
総軍多数元帥・大将TheaterRegion
軍集団Army Group
5万以上元帥~中将Army
軍団3万以上大将・中将Corps
師団1万~2万中将・少将Division
旅団2,000~5,000少将~大佐Brigade
連隊500~5,000大佐・中佐Regiment
大隊300~1,000中佐・少佐BattalionCohort
中隊60~250少佐・大尉Company
小隊30~60中尉~軍曹Platoon
分隊8~12軍曹~兵長SquadSection
4~6伍長~一等兵Fireteam
1~6

まとめ

陸軍の階級だけでも覚えると役に立つ

アメリカ、イギリスの陸海空軍の階級名を紹介しましたが、全て覚えるのは非常に大変ですし、よっぽど軍隊が密接に絡んだ物語でない限りは、階級を知らなくても内容の把握に支障がでることは少ないでしょう。ただし、軍隊が登場する物語自体は数多く存在するので、ある程度は覚えておくと便利です。全部覚えるのは大変だという場合は、大雑把に以下のように把握しておくだけでも役に立つと思います。

将官General
Admiral
Marshall
佐官Colonel > Major
尉官Lieutenant
下士官Sergeant
兵 (兵卒)Private

これら英単語は覚えたら、合わせて軍隊が頻繁に登場する洋書やマンガ、洋画などを試すと一気に理解が深まります。是非試してみてくださいね。

鋼の錬金術師

英語タイトル Fullmetal Alchemist

オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画版)

英語タイトル Edge of Tomorrow