中学校で学ぶ英単語の一覧はあるの? 英検3~5級に対応している? 市販の英単語集との関連は?
本記事ではこの辺りについて調べた内容をまとめています。

中学生が学ぶ英単語とは

文部科学省が提示する学習指導要領では

国が決めた基準は語彙数

学校の英語教育における指針は文部科学省が公開している学習指導要領に記載されており、そこには中学校で指導する英単語数について言及されています。しかし、具体的に学ぶべき英単語を国は定めておらず、「中学校で学ぶ完全なる英単語一覧」は残念ながら存在しません。

そのため、一般的に言われている「中学生で学ぶ英単語一覧」とは、中学校教科書に掲載されている英単語が基準になることが多いです。本記事で紹介する中学レベルの英単語一覧も、英語教科書が基準になっているものが多いです。

なお、高校レベルの英単語一覧については以下記事を参照ください。



2021年度の変更について

施行は2020年度以降だが、2018年から先行実施を始める学校がでてくる

2020年度以降、学習指導要領は変更され小中高の英語教育に変更が入ります。上記グラフは新学習指導要領案などを元に大雑把に内容をまとめた表です。細かい部分は異なる可能性があるので、詳細は以下を参照ください。

今回の改訂のポイントの1つは国際的な基準であるCEFRを意識し、小中高通していわゆる4技能・5領域、つまり「聞く」「読む」「話す (やり取り)」「話す(発表)」「書く」に焦点を当てている点です。また、全体的に難易度が向上しており、指導語彙数も大幅に増加しています。中学校卒業時点においては1200語から2200~2500語へと倍近くになっています。

したがって、2020年以前と2021年以降どちらに対応した英単語一覧かは語数で判断してください。例えば1200語前後の英単語一覧の場合は2020年以前の中学英語対応リストとなるはずです。

CEFR

CEFR (Common European Framework of Reference、ヨーロッパ言語共通参照枠) とは、語学力を測る国際な基準です。もともとはヨーロッパで使われていましたが、現在は多くの国で使われる指標となっています。A1、A2、B1、B2、C1、C6の6つのレベルが使われており、英検やTOEICの難易度の指標に使われることもあります。

無料で入手できる中学生レベルの英単語一覧

無料公開されている英単語リスト

先述した通り中学で学ぶ英単語は具体的に決められてはいませんが、中学生レベルの英単語リスト自体はいくつか存在するので紹介します。

種類概要
① 中学校英語教科書中学校の英語教科書掲載の英単語一覧
② 日本人中学生用語彙リスト中学校教科書2冊以上に掲載されている単語を基準とした1200語の英単語リスト
③ CEFR-J Wordlistアジア各国の英語教科書とCEFR レベル・テキストの共通語の頻出語をまとめた英単語リスト
④ 新JACET8000米国・英国英語と日本の英語教育の頻出語をまとめた英単語リスト
⑤ 研究社 新英和中辞典Weblio掲載の英和辞書。英単語は中学~大学院水準に分類されている
いずれも日本語訳や例文は付属していません

① 中学校英語教科書

中学の英語の教科書「SUNSHINE」を出版している開隆堂が、以下が出版している英単語を学年別にまとめた一覧を公開しています。その資料によると中学英語で学習する語彙数はおおよそ1000語のようです。

  • 開隆堂:サンシャイン (Sunshine)
  • 三省堂:ニュークラウン (New Crown)
  • 東京書籍:ニューホライズン (New Horizon)
  • 光村図書:コロンブス (Columbus)
  • 教育出版:ワンワールド (One World)
  • 学校図書:トータル (Total)

なお、上記6種類の中学1~3年用の英語教科書に掲載されている英単語は実は合計3000語にも及びます。この3000語のうち、2種類以上の教科書に掲載されている英単語を抽出すると約1650語です。教科書事にある程度バラつきがあるようなので、複数の教科書に掲載されている英単語は優先して学ぶべき英単語と言えるかもしれません。

英単語が掲載された資料 (Excel形式) は、開隆堂出版 HPトップ> 資料 > 中学校 > 英語 > 平成28年度版 > 中学で学ぶ英単語 (Excel) からダウンロードできます (2018年3月時点)。

② 日本人中学生用語彙リスト JEV

中学校の英語教科書に掲載されている英単語一覧について先述しましたが、実際に6種類の中学校の英語教科書のうち2冊以上に使われている語彙を基準として1200語を選定した英単語リストがあります。JEV (Junior High School Level English Vocabulary)と呼ばれており、神戸大学 石川慎一郎研究室のHPで公開されています。

③ CEFR-J Wordlist

CEFRを日本の小学校~大学までの英語教育における共通の指標にすべく、日本の外国語教育に照らし合わせて整理したものがCEFR-Jです。さらにCEFR-Jでは、A1~B2レベルに当てはまる英単語を選出・公開しています。定められているレベル分けに従うと、A1とA2の一部が中学レベルの英単語となります。

レベル目安語数
A1小学校~中学2年程度1165
A2中学3年~高校1/2年程度1416
B1高校3年~大学受験レベル2451
B2大学受験~大学教養レベル2782

④ 新JACET8000

大学英語教育学会(JACET)がまとめた日本人大学生が学ぶべき8000の英単語リストです。英国・米国でよく使われる頻出語と日本の英語教育で使われる頻出語が基準となっており、1~1000番目までの英単語がおおよそ中学生レベルの英単語になります。

詳細や英単語一覧の入手方法は以下記事を参照ください。

⑤ 研究社 新英和中辞典 (Weblio掲載)

オンライン辞書サービスのWeblioですが、本当に様々な英単語辞書が存在します。なかでも研究社の新英和中辞典では品詞別 (名詞、動詞 など) に英単語一覧が確認できるのですが、各品詞は中学以上、高校以上、大学以上、大学院以上の4つのレベルで分類されています。なお、ダウンロード用の資料があるわけではないので、全てをまとめた一覧が必要な場合は自分でコピー&ペーストして自作する必要があります。

分類語数
中学水準約1000
高校水準約3000
大学水準約4000
大学院水準約2000
この中学~大学院の分類の基準を研究社に問い合わせたところ、この分類はWeblio側で独自につけた基準とのこと

結局どの英単語リストを参照すべきか

中学校レベルの英単語リストを5種類あげましたが、結局どれを参照すべきなのでしょうか。基本的には以下のように目的に合わせて使い分ければ良いかと思います。

2020年度以前の英単語リスト

一般的に使える中学生向けの1200語が欲しい

やはり基本は①中学校の英語教科書ではありますが、教科書の種類によって掲載語は少しばらけています。そのため、複数の教科書に掲載されている英単語をまとめた②JEV1200を参照するほうが良いかと思います。

中学1~3年で学ぶ英単語を学年別に確認したい

中学生レベルの英単語一覧であれば②JEV1200をオススメしますが、学年別に英単語一覧を確認したいのであれば開隆堂が公開している①教科書掲載の英単語一覧が利用できます。①の一覧は学年別に英単語をフィルタリングすることができますよ。

中学~大学までの英単語一覧が欲しい

中学~大学レベルの英単語一覧に一貫性を持たせたい場合は、③~⑤の英単語リストが利用できます。ただ、⑤研究社 新英和中辞典 (Weblio掲載)の情報は少し古いので、③CEFR-J Wordlistか④新JACET8000の方をオススメします。

種類語数公開年
③ CEFR-J Wordlist (Ver.1.3)74812016年
④ 新JACET800080002016年
⑤ 研究社 新英和中辞典 (Weblio掲載)約10000不明

2021年度以降の英単語リスト

2018年3月時点では、2020年度以降の学習指導要領に沿った英単語リストが欲しい場合はCEFR-J Wordlist一択です。

CEFR-J Wordlistのレベル分けは小学校・中学校・高校・大学に沿って別れているわけではありませんが、2020年度以降の小学校・中学校での指導語数と比較すると、CEFR-J WordlistのA1~A2とほぼ一致しています。学校の英語も今後はCEFR-Jのレベル分けを意識してくると思われますので、CEFR-J WordlistのA1&A2の英単語を小学校・中学校で学ぶ英単語リストとみなせるのではないでしょうか。

なお、CEFR A1~B1レベルに対応した市販の英単語集が2018年3月に登場しました。いち早くCEFRに取り組みたいという場合は利用してみてはいかがでしょうか。

国際標準の英単語 初級

CEFRに準拠した日本初の英単語集。A1からB1レベルの英単語の使われ方や例文を解説。音声ダウンロードサービス付き。



各英単語リストの特徴を掴む

英文カバー率比較

概要

本記事で紹介した中学生レベルの英単語一覧の特徴をつかむために、中学生レベルの英検3~5級の英文で使われた英単語をどれほどカバーするのか確認しました。

利用する英単語リスト

本記事で紹介した英単語リストを利用しますが、教科書については開隆堂のSunshine 1~3年の掲載語を利用します。CEFR-J Wordlist、新JACET8000、新英和中辞典の掲載語は中学レベルの英単語のみを対象とします。

また、今回の計測では英単語単体で評価を行うため、e-bookのような複合語は2語に分解しています。さらに、同一単語でも品詞別に複数回掲載されている場合がありますが、品詞別の評価は行わないため重複する英単語は削除しています。最終的にこの計測で利用した各英単語リストは以下の語数になっています。

種類語数 (単語分割 & 重複削除)
① Sunshine 1~3年1519
② JEV1212
③ CEFR-J Wordlist A1、A22269
④ 新JACET8000 Level 1、Level 22017
⑤ 研究社 新英和中辞典 中学生水準983

計測対象の英検

2017年6月に実施された英検3~5級を対象とします。4級と5級は筆記とリスニング、3級はさらにスピーキングの英文を利用します。この英文は、英検のサイトで公開されている過去問から抽出しています。

英検難易度目安対象の英文
3級中学卒業レベル筆記、リスニング、スピーキング
4級中学中級レベル筆記、リスニング
5級中学初級レベル

計測方法

英文は単語単体に分解し、各英単語リストに掲載されている単語に該当するか否かを確認します。なお、動詞の活用形や名詞の複数形は原形に戻しています。また、固有名詞や造語、数値は計測対象から除外しています。基本的には「英文の語彙レベル解析手順について」に記載している手順に準じているので、詳細はそちらを参照ください。

計測結果

対象教科書 [Sunshine]JEVCEFR-J Wordlist新JACET8000新英和中辞典
中学水準
1年1~2年1~3年A1A1~A2Level 1Level 1~2
英単語リストの語数6091105151912121053226910132017983
英検3級中学卒業レベル78.7%92.1%95.0%94.7%93.9%98.0%94.0%97.0%90.8%
英検4級中学中級レベル81.7%93.6%96.3%94.9%94.4%97.6%94.3%97.3%89.3%
英検5級中学初級レベル91.1%95.2%97.0%94.9%95.3%97.2%94.4%97.5%90.9%
この計測結果は総語数に対するカバー率

上記は各英単語リストで英検3~5級の英文カバー率を計測した結果です。英単語リストごとに掲載語数が異なるため単純比較はできませんが、JEVは英検によく対応できていると言えそうですね。

英検3~5級については以下記事で別途確認しているので、そちらも参照ください。

アルクSVL12000の語彙レベルとの比較

概要

本サイトでは様々な英文をアルクのSVL 12000と比較して語彙レベルを確認しています。本記事でも中学生レベルの各英単語リストの掲載語と比較を行いました。なお、12000もの語彙レベルで語彙比較を行う必要はないため、ここでは究極の英単語 SVL Vol.1掲載の3000語レベルで比較を行っています。

アルクのSVL 12000については以下を参照ください。

計測対象の英単語リスト

英文カバー率の計測と同様に、教科書はSunshine 1~3年の掲載語、その他は中学レベルの英単語を対象とします。

種類語数 (単語分割 & 重複削除)
① Sunshine 1~3年1519
② JEV1212
③ CEFR-J Wordlist A1、A22269
④ 新JACET8000 Level 1、Level 22017
⑤ 研究社 新英和中辞典 中学生水準983

計測方法

各英単語リストの掲載語が、SVL 1~3の3000語に一致するか確認します。英単語の一致可否は単語の形が完全に一致したか否かで判断します。例えば beat、beatingは別の単語として扱います。ただし、大文字・小文字の差は判断しません。Beatとbeatは同じ単語として扱います。

語彙レベル (英語教科書 Sunshine 1~3年)

上記は、英語の教科書 Sunshine 1~3年に掲載されている英単語をアルクのSVL 12000の語彙レベルで分類した結果です。横軸の1000語というのはSVL 1レベル (I, go, have など) の一番基本的な英単語であることを示します。

以下、結果のみ掲載しています。

語彙レベル (日本人中学生用語彙リスト JEV)

語彙レベル (CEFR-J Wordlist A1、A2)

語彙レベル (新JACET8000 Level 1、Level 2)

語彙レベル (新英和中辞典 中学生水準の英単語)