DUO 3.0の次に始める英単語集としてアルク社のSVL 12000語を選択する場合、どのレベルから始めればよいのか悩んだことありませんか? 本記事ではDUO 3.0 560例文に使われる英単語の語彙レベルを解析しましたので、次の英単語集を決める際に参考になれば幸いです。

DUO 3.0とは?

DUO 3.0の概要

DUO 3.0とは英単語集です。TOEIC 600~780点、英検準1級レベルに対応した中級レベルまでの単語を収録しています。

このDUO 3.0の最大の特徴は、560の例文で効率よく単語・熟語が習得できる点にあります。単語を1つ1つ覚えるのではなく、例文丸ごと覚えてしまえば良いというのは他の単語集にはない利点で、多くの方から支持される理由となっています。

私も最初に購入した英単語集であり、560例文を100時間ほどかけて丸暗記した覚えがあります (私は短期集中タイプなので、3連休で40時間ぐらい使ったり。朝起きてから夜寝るまでずっと……大変でしたよ)。無勉強状態で何となく受けた初TOEICでは280点とかなり悲惨なスコアでしたが、DUO 3.0のおかげで半年後には何とか600点を超すことができました。今やその表紙はボロボロですが、何となく捨てられずに手元に残してあります。

DUO 3.0の次に取り掛かる英単語集……?

このようにDUO 3.0は大変すばらしい単語集ですが、この1冊だけで英単語はすべてOKとはなりません。英語学習の序盤でお世話になりますが、語彙レベルは中級レベルであるため、次に学習すべき単語集を探す必要があります。

本記事では、DUO 3.0掲載の英単語の単語レベルをSVLを基準に公開していますので、次の英単語集の選択の際に役立てていただければ幸いです。



DUO 3.0の語彙レベル

DUO 3.0は、見出し語 (2569語) と派生語・関連語 (2214語) で4783語が掲載されています。ここに、中学基礎レベルの単語と日本で定着している単語1000~1500語を加えることで6000語レベルになり、同意語・反意語 (3083語) まで含めると9000語レベルであると説明されています。

総語数 単語 熟語
560例文中の見出し語 2569 1572 997
派生語・関連語 2214 1515 699
同意語・反意語 3083 1938 1145
7866 5025 2841

しかしながら、熟語や (簡単な説明しか書いていない) 同意語・範囲語は語彙数に含めるべきではないという気もします。このあたりが気になったため、本記事では単語単体での評価でDUO 3.0の掲載語彙数を調べた次第です。

DUO 3.0の語彙レベル解析

概要

DUO 3.0の560例文中の英単語、および関連語・派生語の語彙レベルを26000語レベルで分類していきます。語彙レベルはアルクのSVL 12000 (1~12000語レベル) と極限の英単語・終極の英単語 (12001~26000語レベル) を基準としています。それぞれの詳細は以下を参照ください。

解析対象の英単語

本記事では、以下2パターンの解析を行います。

  1. 560例文中の全単語
  2. 560例文中の全単語 + 派生語・関連語

DUO 3.0は560例文を丸暗記すればよいという点が特徴ですので、見出し語のみならず560例文に含まれる全単語を解析対象としました。派生語・関連語に関しては560例文の中に含まれておりませんが、見出し語を知っていれば派生語・関連語の意味はある程度予想がつくものもあります。例えば、見出し語 「annual (年に1度の)」を知っていれば「annually (毎年)」の意味も予想がつきます。そのため、派生語・関連語も対象にしたパターンでも解析を行います。

同意語・反意語に関しては掲載されているだけというレベルですので、今回は解析の対象外とします。DUO 3.0でこのレベルの英単語を覚える人は少ないでしょうし。

560例文の語彙レベル

総語数

上記は560例文中に使われていた全英単語を語彙レベル別に分類した結果です。560例文は効率的に英単語を配置しているため、一般の小説に比べると1000語レベルの英単語の割合は若干低いと思います。それでも簡単な英単語が繰り返し使われていることが分かります。1000語レベルはおおむね中学英語の範囲なので、良い復習にもなるかと思います。

英単語の種類

単語の重複を除外した結果が上記グラフです。560例文中の見出し語は2569語 (単語 1572 + 熟語 997) ですが、560例文に使われている英単語の種類は2386種類です。6000語レベル以上の英単語には重複がありませんでした。うまい具合に単語を例文中に散りばめているということですね!

560例文の読みやすさ

DUO 3.0 560例文を、暗記用ではなく純粋に読書用の題材として考えた時、一般小説と比較して難しいのか否かを確認してみました (特に意味はありませんが)。具体的には、ハリーポッター1巻 (米国版) およびマジックツリーハウス 1巻の英文と比較します。なお、マジックツリーハウスとは米国の小学生向けのシリーズ本で、日本でも英語多読初心者によく薦められる本です。私も数冊読んだことがありますが、簡易な表現が多く読みやすいと思いますよ。

比較方法ですが、一般的に「英文を楽しむ」ならば総語数の95%を、「キチンと理解する」ならば総語数の98%を知っている必要があると言われているので、その比率を満たすのに必要な語彙数を計算してみました。

必要語彙数
総語数の95%総語数の98%
DUO 3.0 560例文5,0007,000
ハリーポッター1巻5,00010,000
マジックツリーハウス1巻4.5007,000

いかがでしょうか。マジックツリーハウスより若干難しいぐらいですね。DUO 3.0の560例文は単語が重複しないように構成されているので、読書用の文章と考えると少し難しいということですね。

560例文 + 関連語・派生語の語彙レベル

英単語の種類

DUO 3.0の560例文に、派生語・関連語を含めて解析を行った結果が上記のグラフで、3775種類の英単語が掲載されていたことが分かりました。

派生語・関連語は2214語 (単語 1515 + 熟語 699語) ですが、560例文中の英単語との重複を除外すると1389語増加したことになります。

英単語の種類 (差分表示)

派生語・関連語で追加された単語のみ確認できるように、別途グラフを用意しました。3000~8000語レベルの語彙が強化されたことが分かりますね。

範囲外の単語

DUO 3.0 560例文中には26000語で分類できない英単語がいくつか存在していることがわかりましたが、どれほど難しい単語なのか、と構える必要はありません。英単語は派生語が数多く存在するので、意味が推測できる単語でも26000語の範囲外になることが多々あります。

DUO 3.0 560例文にのみ掲載されている単語 (14語)

Celsius, Mediterranean, bedridden, competitiveness, firsthand, hitech, indecisive, ironically, modernization, passionately, shortcut, swiftly, threefold, westernization

まとめ

DUO 3.0の語彙レベル、大体把握できたでしょうか。DUO 3.0には560例文+関連語・派生語で6000語レベルと記載されていますが、SVL 12000基準で考えると3775語となりました。中学・高校レベルの英単語は1000~4000語レベルなので、高校卒業レベルの方がDUO 3.0で語彙を増やしたとすると5000語レベルではないかと思います。



DUO 3.0の後にやるべきSVL本はどれ?

オススメはSVL Vol.2

DUO 3.0の560例文+派生語・関連語とSVL Vol.1~Vol.4はそこまできれいに重なっているわけではありません。SVL Vol.3のほうが未知の単語が多いのでお得な感じがしますが、本記事の解析結果を見るとVol.2でも50%以上が未知の単語となります。なお、私の経験では、DUO 3.0の560例文の暗記後にSVL Vol.1、Vol.2で単語の暗記を実施した際、Vol.1での未知の単語は約50語だったのに対し、Vol.2では1000語以上が未知の単語でした。

というわけで、個人的にはSVL Vol.2がオススメです。SVLは頻出順で構成されていますので、Vol.3よりもVol.2の語彙を増強したほうが効率も良いかと思いますしね。もし自分の語彙力がSVLのどのレベル帯なのかよくわからないという場合、以下記事も参考にしてみてください。

おまけ -例文560の中で2番目に多い登場人物はだれだ?-

なぜ1番ではなく2番なのか?

それはDUO 3.0をやりこんだ皆さんには1番がお分かりだからです。そう、1番は Bob です。正解!

DUO 3.0の560例文には、31人の登場人物が存在しますが、うち19人は1度しか登場しません。登場頻度 (同率) 4位の Jack と Lisa でさえ5回です。3位は魔性の女 Jennifer で10回とかなり登場回数が増えています。

はい、それでは栄えある登場回数2位は…… Nick です! その数12回! 堂々たる結果です。Congratulations!

え? Bob? 26回ですよ。
一番最初の登場人物でもあり、一番最後の例文でも登場するぐらいです。
でも結構不幸で、可哀そう……恨みでもあったのか (笑)